顔自己処理要点,顔脱毛

顔ぞりすると、濃くなるの?

結果からいうと、顔の産毛は剃っても濃くなる事はありません。でも、剃った後の産毛は、何となく太くなったような印象も見受けられます。そう見えるのは、理由があるからです。毛の形は、先端になるほど細くとがっています。顔剃りをすると、肌の表面で切断されてしまいます。その後、伸びてくる毛は、切断された先端が先頭になり、伸びます。よって、切断面が太いので毛が濃くなったように見えます。実際は、太さも変わりませんし、本数も変わりません。

顔剃りの、上手な剃り方は?

ムダ毛剃りの基本は、毛の生えている方向にカミソリを当てて優しく剃る事。肌や毛穴に負担をかけずに剃る為には、これが絶対条件となります。毛の流れに逆らって剃ると、必要な角質まで剃り落としてしまいます。赤くなったり肌質が悪くなったりと、肌トラブルが起きてしまいます。他の部位ならまだしも、顔に肌トラブルが起きてしまうのは、絶対に避けたいものです。顔の産毛は非常に細かいので、毛の流れが把握しづらいのかもしれません。解りやすいのは、顔の中心から外側に向かって生えているのが、一般的という事です。毛の流れが解らない場合は、中心から外側に向けてカミソリを滑らせましょう。

自分の目にはムダ毛が気にならないけれど、剃るべきなのか?

毛深くない人は、顔の産毛も少ない場合があります。そういう方は、顔のムダ毛が目立っているのかそうじゃないのか、見た目的には見分けが付かない場合があります。脱毛 ミュゼ 口コミなどでもムダ毛が無いのに、カミソリを肌に滑らせるのは、想像以上に肌に負担をかけてしまう事があります。メイクのノリが良い時は、ムダ毛が邪魔していない証拠とも言えます。そういう場合は、顔の産毛を処理する必要はありません。見た目に肌がくすんで見える時は、間違いなく顔にムダ毛があると思った方が良いでしょう。メイクのノリが良くない時は、間違いなく顔のムダ毛が邪魔をしています。その時は、顔のムダ毛処理をしましょう。